窓ガラスの種類

複層ガラスなどの解説

info@shiraisangyo.com 042-748-8681

窓ガラスについて

窓ガラスの種類について

省エネ・遮光フィルムを以下の窓ガラスに施工する場合、制限が付く場合がありますので、お問い合わせの際にお申し付け下さい。

複層ガラス(ペアガラス・エコガラス)

ペアガラス
複層ガラスとは、2枚のガラスの間に空気層(または真空の層)を作り断熱性能を高めたガラスのことです。

多くの場合、窓ガラスに次のようなシールが貼ってあったり、刻印があります。
また、窓枠の部分を見るとスペーサーがあるのが確認できます。

エコガラス

Low-Eガラス

ガラスの表面に金属膜をコーティングすることで、遠赤外線を反射するようにしたガラスのことです。
ガラスにわずかに色が入っている物が多いです。複層ガラスに使用されていることもあります。

合わせガラス(防犯ガラス・防音ガラス)

2枚のガラスの間にフィルムをはさみ、ガラスが割れても破片が飛び散らないようにしたガラスです。防犯ガラスや防音ガラスも合わせガラスになります。
「合わせガラス」と書いたシールが貼ってある場合もあります。

強化ガラス(安全ガラス)

ガラスに熱処理を加えることで、強度を3~4倍に高めたガラスのことです。また、通常のガラスは鋭く割れるのに対し、強化ガラスでは粒状に割れることから安全ガラスとも呼ばれます。
ただし、あくまでガラスなので粒状の破片で怪我をする場合もありますので、保育園などでは飛散防止フィルムの施工をお薦め致します。
ガラスの隅に「強化ガラス」と書いたシールが貼ってあったり、「TP」「TEMP」「TEMPREX」「TENPER」のような刻印が打ってあるものは強化ガラスです。(無い場合もあります)
防犯目的のガラスではなく、特殊な道具を使用すると簡単に割れるため、防犯効果はありません

網入りガラス

網入りガラス

ガラスの中に、金属製の網を入れたガラスです。火災が起きた際に、穴が空き延焼するのを防ぐ効果があります。
防犯目的のガラスではなく、簡単に割ることが出来るため、防犯効果はありません

型板ガラス

型板ガラス

ガラスの片側に片模様を付けることで、視線を遮るガラスです。日射透過率・可視光線透過率などは通常の板ガラスと変わりません。
通常の窓フィルムは施工できません。凸凹ガラス用のフィルム(シート)をご検討下さい(凸凹ガラス用遮光シート凸凹ガラス用飛散防止シート凸凹ガラス用防犯シート)。

すりガラス

すりガラス

板ガラスの片面に摺り加工(砂による物理的な加工)を施し不透明にしたガラスのことです。摺り加工した面にフィルムを施工することはできません。
通常のガラスをすりガラス調にしたい場合は、窓用プライバシーフィルム(アイスクリア)をご検討下さい。

熱線反射ガラス・熱線吸収ガラス

熱線反射ガラス

熱線反射ガラスは、ガラス表面に金属酸化物を焼き付けることで熱線を反射するガラスです。高層ビル・オフィスビルでよく使用されており、暑さを軽減し、冷房費用を節約することが出来ます。
通常のガラスよりも傷が付きやすいため、フィルムの施工が可能かはお問い合わせ下さい。通常のガラスに熱線反射ガラスと同様の機能を持たせたい場合は、窓用省エネ・遮光フィルムをご検討下さい。

熱線吸収ガラスは、ガラスの原料に金属を加えて着色することで、日射の熱を吸収するガラスです。熱割れが起こりやすいため、フィルムの施工が可能かはお問い合わせ下さい。

会社概要

創業以来30年に渡り町田市・相模原市にて商売を行っております。窓フィルムの店頭での販売も行っておりますので、お気軽にお越し下さい。防犯が気になるお客様には、ご希望により「防犯設備士」による防犯相談も受け付けております。

お問い合わせ
  白井産業株式会社

神奈川県相模原市南区東林間1-6-9 協和開発ビル2階

Tel :042-748-8681  Fax :042-748-8683
Mail :info@shiraisangyo.com
営業時間 : 8:30 - 17:00 定休日: 土・日・祝祭日